tajinの完全なるブログ

思ったことをつらつらと。

SNSに支配されるブログコンテンツ

 

こうしてブログを書くのも久しぶりで元々文章を書くことが苦手だったことに

 

拍車がかかってより一層読みづらい文章となってしまっているかと思います。

 

 

大々的なタイトルになりましたが簡単なことでブログよりも

 

Youtubeinstagramなどの方が流行っているからです。

 

 

ただこのままだとテキストとして情報を発信することができるブログが衰退してしまいますので

 

それなりの危機感または新しいイノベーションを持つべきだと感じます。

 

 

あいにく私はブログで収益を獲得している訳ではございませんので

 

これからも自分の思うままにブログを書いていこうと思います。

 

 

 

完全なるアイドル/わーすた撮影ロケ地

 

 

 

アイドル「The World Standard」こと、「わーすた」の

 

「完全なるアイドル」のMVが個人的に好みだったので

 

ロケ地を調べてみました。

 

MVはこちら

youtu.be

 

 

と、調べるまでもなく少しググったら出てきました。

 

studio-be.net

 

 

踊ってるシーン、お菓子を食べてるシーンはこちらのD2スタジオ、

 

そして寝室のシーンはこちらのD3スタジオですね。

 

 

監督は荒船泰廣監督!

可愛いのからゴリゴリのCGまでこなしてすごいです。

 

そしてセットの色づかいが綺麗!!!

 

世界観が面白い頭に残るMVでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

某人気インフルエンサーのnoteを見て思ったこと。

 

 

某ティーン向けソーシャルメディアで人気を得たインフルエンサーがnoteを出していたので読んでみた。

 

まず第一印象が「ああ、やっぱりこうゆう人達は自分のことを客観視できないんだろうなあ」って感想でした。

 

note内ではエゴサーチをかけた際、

自らへの印象を述べたネット上の発言を取り上げ、

それに対して主張を述べると言う内容でした。

 

簡単に言うと、企業案件が顕著になったことへの視聴者の嫌儲に対して

儲けることの何がいけないの?と言う内容でした。

 

確かに儲けることに対してはこの方の言っていることは正当でした。

 

ただ私はこの発言はインフルエンサーであるならしてはいけないことだったと感じます。

 

 

彼らはインフルエンサーな訳です。

 

 

インフルエンサーと言っても特定のジャンルに専門的な知見を持っている専門家タイプではなく、

タレントに近いインフルエンサーな訳です。

 

 

彼らはキャラクターを強みとしており、視聴者はそのキャラクターが全面的に押し出されたコンテンツを楽しみにしている訳で人間的な部分が大きくなります。

 

 

そのコンテンツに企業案件などが関わってくると彼らの持ち味である個性が薄れた純粋なコンテンツではなくなる訳で

視聴者が違和感を持つことも妥当です。

 

 

企業案件を抱えても個性を落とすことなく、

インフルエンサーとして活躍している方は存在しています。

 

つまりは企業案件を抱えつつも自分の個性を出したコンテンツを作ることができていないと言う解釈もできます。

 

 

某氏は視聴者の声を聞いて客観視していると言いますが、

ネット上の発言をわざわざ取り上げてnoteに書くことのどこが客観視なんでしょうか。

 

インフルエンサー実力主義が色濃く現れます。

 

タレント的なインフルエンサーは自分のポジションを確立できなければ1年と持ちません。

 

 

誹謗中傷でない限り視聴者の声は吸収して動いていかないと

若く新しいインフルエンサーに取って代わられるでしょう。

 

筆者もこういったことにならないよう精進したいなあと言う反面教師的記事でした。

 

 

 

ネットバンキングを利用されている方へ

 

 

警視庁のデータではサイバー犯罪が増加

平成25年の警視庁によるサイバー犯罪の検挙件数は前年比で779件増加。

http://www.npa.go.jp/cyber/statics/h25/pdf01-2.pdf

 

 

 情報化社会の現在、セキュリティ技術が向上しない限りサイバー犯罪の被害は増加するでしょう。

 

これからは情報セキュリティが重視されると感じます。

 

 

サイバー犯罪のほとんどはソーシャルな要因

以上で検挙件数が増加したと述べましたが、

 

実はその内訳の不正アクセス行為の認知件数は少ないんです。

 

 児童ポルノや詐欺、わいせつ物頒布罪などのソーシャルなものが多いです。

 

不正アクセスなどの情報セキュリティシステムよりも

まずインターネット上での行動に気を付けた方が良いですね。

 

 

気を付けるに越したことはない

 

冒頭述べたことに戻りますが、不正アクセス行為は増加しています。

 

サイバー犯罪被害にソーシャルな理由が多いのは

パソコンを操作しているのは人間ですから当たり前です。

 

それにこれから不正アクセスはより増加の一途を辿ります。

 

その理由を以下で説明します。

 

 

ネットバンキング利用者の増加

 

全国銀行協会の調査によるとインターネットバンキングの利用者数はコンビニなどのATMと変わりません。

https://www.zenginkyo.or.jp/fileadmin/res/news/news241238_5.pdf

 

楽天銀行などは一般の銀行などよりも利率が高く、

また最近はネット副業を行う方の預金元となっているなど

ネットバンキングは遥かに私達の身近になりつつあります。

 

 

不正アクセスのターゲットはネットバンキングへ

 

冒頭の警視庁の調査によると、 

不正アクセス後の行為としてネットバンキングの不正送金が最も高いそうです。

 

 現在増加し続ける不正アクセス被害は

ネットバンキングをターゲットとしているようです。

 

また、

被害口座名義人の多くがセキュリティ対策を未実施

 であるなど、セキュリティ対策をしていない方は

不正アクセス被害に合っていることがわかります。

 

 

サイバー犯罪は一般化しつつある

 

テクノロジーの進化が続く以上、

サイバー犯罪は今よりももっと増え

現在は専門知識のある者が行っていたものが

一般化すると感じます。

 

そうなれば、セキュリティ対策を実施していない方は

犯罪者からしたら家の鍵を開けて空き巣をしてくださいと言っているようなものになります。

 

セキュリティソフトは数十万もいくほどの

高価なものではありませんので、

未だ導入していない方は是非とも一考するべきだと感じます。

 

 

 

DTMやるならある程度の予算は必要だと言う話。

 

ボカロPなんかの登場でDTM人数は結構増えたんじゃないかと感じております。

 

少し前まではDTMの環境を整えようにも数百万円とか掛かったらしいです。

 

今ではCubaseやProtoolが数万で買えると言う奇跡。

 

ソフト音源はまだまだ高いですけどね。

 

 

私も初心者に毛が生えた程度ですが、始めたばかりの頃は少しでもお金を掛けずにいい曲を作りたいと奮闘していました。

 

これからDTMを始めようと考えている方へ伝えたいのですが、

 

予算を低く設定して安く、と言うか無料で済ませようと考えている方はやめた方が良いです。

 

その理由を説明しますね。

 

 

時は金である。

 

まずDTMをする際に安く済ませようと考えている方は、

DTM おすすめ ソフト 安い」とかで検索していると思います。

 

そして恐ろしく安いDTMソフトを買ったとします。

 

例えばReaperなんか数ドルで買えます。

 

安く済んだと安心しているのもつかの間、

Reaperは海外のシェアソフトなのでまず情報が少ないんです。

 

だから使い方もよくわからない、先人達のハウツーがないから

真似事ができないのでまずはDTMの基本を調べていくことになります。

 

 

 

めちゃくちゃ時間が無駄だと思いませんか?

 

 

きっとDTMをやる方ってDTMソフトに詳しくなりたい訳じゃないと思うんです。

 

音楽を作ることが最終目標なわけです。

 

 

Reaperに詳しくなりたい訳ではないのにそれに時間を掛けるの

ものすごくもったいないですよね。

 

なら3万程度で済むCubaseを買った方が情報もたくさん転がってるので

よりはやく音楽制作に取り掛かれます。

 

それでも無料でやりたい方は一般的に情報の多いソフトを書く人よりも

音楽制作にたどり着くまでの時間が長くなると考えてください。

 

 

 

不安ならお試し版を使いましょう。

 

これ意外とやらない人が多いんじゃないかなって個人的に感じます。

 

何故か他人の評価とかプロの評価とかで買うのを決めるんですよね。

 

どっかのDTM経験者のレビュー記事とか本当に参考程度にした方が良いです。

 

どんなに使いやすいとか言われても、

いざ買ってみたらめちゃくちゃ使いづらいとかよくあります(私の場合は主にソフト音源)。

 

ほとんどの有料ソフトは1週間お試し版とかがあるので、

まずはそちらの方で実際の使用感を体験してみたらどうでしょうか。

 

他人の評価とかはほどほどにしましょうね。

 

 

 

 

ゴーストインザシェルはCGだけでも一見の価値あり

 

 

攻殻機動隊のハリウッド化「ゴースト・イン・ザ・シェル」の世界観が大好きなのでおすすめしたいと思う。

 

ゴースト・イン・ザ・シェル

ゴースト・イン・ザ・シェル』(Ghost in the Shell)は、2017年アメリカ合衆国SF映画士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』を原作とし、ルパート・サンダースが監督を務め、ジェイミー・モス英語版とウィリアム・ウィーラー、アーレン・クルーガーが脚本を手掛けている。

詳しくはアニメの攻殻機動隊を見ることを推奨します。 

 

「原作の映画化」とは少し違う?

 

攻殻機動隊を原作としているだけで、

原作に忠実に物語も舞台設定も作られているわけではありません。

 

パラレルワールド的感覚で見ることをおすすめします。

 

 

原作を期待した方にも楽しめるように

 

原作とは多少違いはありますが攻殻機動隊お馴染みの芸者型ロボットやゴミ収集車など

原作をリスペクトされているシーンが度々登場し、原作を期待して見る方にも楽しめるようになっています。

 

また、原作を知らない方にも主人公の少佐の葛藤や内面描写が語られるので

どのようなテーマで作品が進んでいるのか十分に理解できると思います。

 

 

スカーレットヨハンソンが合い過ぎ

 

主人公の少佐をスカーレットヨハンソンが演じているのですが、

これがとてもマッチしています。

 

監督も攻殻機動隊の映画を担当した押井守監督も

スカーレットヨハンソンしかいないとおっしゃっていたそうです。

 

私は演技とかそうゆうのはよくわかりませんが

立ち振る舞いや冷静に顔色一つ変えずに銃を撃つところなどはこの方あってなのかなと感じました。

 

CGがすごすぎる

 

本当にハリウッドのCGはレベルが高すぎて驚きます。

 

ゴーストインザシェルは舞台自体

この世に存在しないので基本外は全てCGです。

 

そしてそこに生活するのもロボットや肉体がアンドロイド化しているなど

CGが欠かせません。

 

そして、作品内はよりサイバーパンクな世界観に合わせるため

色合いやビジュアルが奇抜になっています。

 

非日常的なビジュアルでかつ奇抜な外観を表現するので

雑な作りは許されません。

 

そのため、より緻密にCGは作られているのです。

 

 

まとめ

 

原作知っている方もそうでない方も楽しめる、

少なくとも時間の無駄にはならないので見てみて

攻殻機動隊にハマってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し意識していた程度なのに1カ月で6キロの減量に成功していた

 

 

最近、お医者さんにお世話になる機会がありまして

 

その際体重を測ったのですが58キロだった体重が52キロに減っていたのです。

 

その時期は忙しくてコンビニのご飯が集中していたので、

少し減塩してなるべく砂糖の入っているものも取らないようにしようと

頭の片隅にあった程度で特別意識して走ったり、筋トレしたりしていないのですが

何で6キロも落ちたんだろう。

 

高校生の頃、空手をほんの少しだけやってまして

65キロまで体重があったんです。

 

その後、受験シーズンに入り空手をやめ

体重を落とそうと毎日ダイエットに励んでいたんですが

その時は一切落ちませんでした。

 

もしかして死ぬのかな