タイ人のブログ

様々な商品をレビューしていきたい

音源厨なら知っているBiSHとPassCode

 

 

通勤中も仕事中もBiSHとPassCodeを交互に聞いてるので頭から離れなくなってるブログ主。

 

そんなブログ主が今ハマっている彼女らを紹介したい。

 

 

BiSHとは

BiSHビッシュ)は、アイナ・ジ・エンド、モモコグミカンパニー、セントチヒロ・チッチ、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・Dの6人からなる日本の女性アイドルグループである。2015年に結成。レーベルはavex trax。WACK所属。別名・楽器を持たないパンクバンド。

 

 PassCodeとは

PassCode(パスコード)は、we-B studios、ユニバーサル ミュージック所属の、大阪府住の4名で構成された女性アイドルグループである。

 

この両グループの引用文を見て、

「なんだドルオタか、解散」となる前に彼女らの曲を聴いてみてほしい。

 

聴いた人なら感じると思うが、全くアイドル臭がしない。

 

紹介する理由はそこにある。

 

単純に楽曲が良くてライブで乗れそうなのである。

 

BiSHの曲の特徴

 

主に作曲を務めているのは松隈ケンタさんと言う方なのだが、この人の作る曲がすごく良い。

 

楽器を持たないパンクバンドと言うだけあって

キャッチーなリフにゴリゴリのバスドラですごく乗りやすい。

 

 そして、アイナ・ジ・エンドさんの声がめちゃ良い。

 

丁度いいハスキー加減に歌唱力が他のメンバーとは群を抜くぐらい高い。

 

しかも歌割りが上手くサビに来るようになっていて

他のメンバーの歌唱がアクセントになっている。

 

 

PassCodeの曲の特徴

 

アイドルには珍しいピコリーモ楽曲。

 

プロデュースしたのが元バンドマンだけあって

ラウドとエレクトリックのバランス、転調のタイミングが上手い。

 

あとシャウトする子が次第に成長してるのがすごい。

 

ベガスは苦手だけど女性のピコリーモなら聞けるかもって方は是非一度聴いてみることを勧める。

 

 

 

後述

 

アイドルって音楽シーン的に見れば毛嫌いされていたのに

 

最近では新しい楽曲作りに積極的で良い傾向だと思う。

 

ただ音源が売れなくてライブ収入に集中され始めている今、

 

ライブ主体の楽曲作りになるんだろうなと危惧しているところもある。

 

 

 

 

エロマンガ先生の作画が良すぎる

 

 

2017年4月からTOKYOMX各所で放送中のアニメ「エロマンガ先生」の作画が良すぎるのでおすすめしようと思う。

 

アニメ「エロマンガ先生」とは

 

十三番目のアリス」「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」などの代表作を生み出した伏見つかささん著のライトノベルが原作。

 

あらすじ

 高校生兼ライトノベル作家である和泉正宗には、引きこもりの義理の妹和泉紗霧がいる。1年前に2人は兄妹となったが、妹はまったく部屋から出てこないほど徹底した引きこもりで、正宗は紗霧には自発的に部屋から出てきてもらいたいと思っていた。ある日、正宗は書店に訪れたときにその看板娘高砂智恵から教えられた担当イラストレーター「エロマンガ先生」の生放送番組を視聴し、妹とエロマンガ先生が同一人物だと知る。生放送でのハプニングを阻止した後、2人は1年ぶりの再会を果たす。

 

 倫理的な課題を残した俺妹の高坂桐乃を義妹にした感じですね。

 

 ※アニメではシナリオが薄いと感じる方は原作のライトノベルを推奨します。

 

 

おすすめ①:とにかく紗霧ちゃんが可愛い

 

 あらすじの通り、不登校の引きこもり義妹がヒロインなのだが

 

 この義妹である紗霧ちゃんが可愛い。

 

見た目は銀髪幼女、声も幼女、そして性格は引っ込み思案とオタクの心を掴む設定になっている。

 

 

②とにかく作画が良すぎる

 

本編を見る気がない方はせめてEDだけでも見てもらいたい。

 

昨今のアニメに見られるCGは今のところ見受けられない上に

作画崩壊が見られないくらい丁寧に描かれているのに、

登場人物の動きが繊細に表現されている。

 

ブログ主も特にラブコメ系は好きではないけど

アニメーションが良いのでぼーっと見ていた勢である。

 

 

 後述

 

エロマンガ先生は作画も申し分ないし、何も考えずに作業の傍ら見れる。

 

巷では最近のアニメは名作がないとかささやかれているけども

 

今シナリオ重視のアニメを見る人って多いのかな。

 

録画して暇な時間にストレスなくアニメを見たいって人が多い気がする。

 

新海誠監督の作品もそうだけど

 

アニメもマーケティングの精度が上がってきてよりターゲットを絞るようになってきているのではないかなと感じる。

 

 

 

 

↓↓↓ 以下のリンクから第1話をどうぞ ↓↓↓