タイ人のブログ

様々な商品をレビューしていきたい

音源厨なら知っているBiSHとPassCode

 

 

通勤中も仕事中もBiSHとPassCodeを交互に聞いてるので頭から離れなくなってるブログ主。

 

そんなブログ主が今ハマっている彼女らを紹介したい。

 

 

BiSHとは

BiSHビッシュ)は、アイナ・ジ・エンド、モモコグミカンパニー、セントチヒロ・チッチ、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・Dの6人からなる日本の女性アイドルグループである。2015年に結成。レーベルはavex trax。WACK所属。別名・楽器を持たないパンクバンド。

 

 PassCodeとは

PassCode(パスコード)は、we-B studios、ユニバーサル ミュージック所属の、大阪府住の4名で構成された女性アイドルグループである。

 

この両グループの引用文を見て、

「なんだドルオタか、解散」となる前に彼女らの曲を聴いてみてほしい。

 

聴いた人なら感じると思うが、全くアイドル臭がしない。

 

紹介する理由はそこにある。

 

単純に楽曲が良くてライブで乗れそうなのである。

 

BiSHの曲の特徴

 

主に作曲を務めているのは松隈ケンタさんと言う方なのだが、この人の作る曲がすごく良い。

 

楽器を持たないパンクバンドと言うだけあって

キャッチーなリフにゴリゴリのバスドラですごく乗りやすい。

 

 そして、アイナ・ジ・エンドさんの声がめちゃ良い。

 

丁度いいハスキー加減に歌唱力が他のメンバーとは群を抜くぐらい高い。

 

しかも歌割りが上手くサビに来るようになっていて

他のメンバーの歌唱がアクセントになっている。

 

 

PassCodeの曲の特徴

 

アイドルには珍しいピコリーモ楽曲。

 

プロデュースしたのが元バンドマンだけあって

ラウドとエレクトリックのバランス、転調のタイミングが上手い。

 

あとシャウトする子が次第に成長してるのがすごい。

 

ベガスは苦手だけど女性のピコリーモなら聞けるかもって方は是非一度聴いてみることを勧める。

 

 

 

後述

 

アイドルって音楽シーン的に見れば毛嫌いされていたのに

 

最近では新しい楽曲作りに積極的で良い傾向だと思う。

 

ただ音源が売れなくてライブ収入に集中され始めている今、

 

ライブ主体の楽曲作りになるんだろうなと危惧しているところもある。