タイ人のブログ

様々な商品をレビューしていきたい

シャンプーはちゃんとしたものを使った方が良いですよって話

 

 

髪がつやつやになるだとか、いい匂いがするだとか代替えの効きそうな理由でシャンプーを選ぶ方々が多そうですが、

 

該当する方は一度「経皮毒」で検索してみてください。

 

調べるのはめんどくさいよって方のために

経皮毒(けいひどく)とは、日常使われる製品を通じて、皮膚から有害性のある化学物質が吸収されることとして、稲津教久らがその著書[1]で使用している造語。

 

ってことなんですが、この引用文を見て危機感を感じた方

 

これに学術的な根拠はありません。

 

つまりデマです。

 

 

そしてすぐさまほっと胸を撫で下ろされた方、

 

本当にそうだと思いますか?

 

決して陰謀論を説きたい訳ではないですが、その理由を説明します。

 

 

某大手メーカーのシャンプーに含まれている化学物質

 

この他にも細かく書くことはできますが、

きりがないのでこのくらいにします。

 

そして上記の物質を簡単に説明すると、

 

界面活性剤です。

 

何それ?って方のために、

界面活性剤(かいめんかっせいざい、英語surface active agent、surfactant)は、分子内に水になじみやすい部分(親水基)と、油になじみやすい部分(親油基・疎水基)を持つ物質の総称。

 

私達の生活では洗剤に使われており、油を落とす役割を果たします。

 

もちろん頭皮の汚れを落とすシャンプーにもこの界面活性剤が使われているのですが、

 

これに対する私の意見こそが本記事のタイトルなのです。

 

 

理由:界面活性剤を使いすぎ

 

これはブログ主の主観ですが、界面活性剤を使いすぎなんです。

 

そこまで知名度がないシャンプーはわかりませんが、

スーパーやドラッグストアに大量に置いてあるシャンプーに含まれる界面活性剤は

石油から作られており、油を取る力が強すぎるんです。

 

油を取る力が強すぎると頭皮が乾燥したり、常在菌が無くなり過ぎたりします。

 

そうなると頭皮に傷がついたり、化膿したりするので

頭皮にはもちろん髪によくありません。

 

 

後述

大手のシャンプーがいけないと言う訳ではなく、

 

あなたの体に合ったシャンプーを使いましょうと言う記事です。

 

いくら石油系以外の界面活性剤が含まれるシャンプーを使ったとしても

 

アトピーに良くない物質が含まれていれば頭皮や髪だけでなく、

体に悪いのでただCMにあるものやお店に並んでいるものを買うのではなく、

調べてみてはいかがでしょうか。