タイ人のブログ

様々な商品をレビューしていきたい

DTMやるならある程度の予算は必要だと言う話。

 

ボカロPなんかの登場でDTM人数は結構増えたんじゃないかと感じております。

 

少し前まではDTMの環境を整えようにも数百万円とか掛かったらしいです。

 

今ではCubaseやProtoolが数万で買えると言う奇跡。

 

ソフト音源はまだまだ高いですけどね。

 

 

私も初心者に毛が生えた程度ですが、始めたばかりの頃は少しでもお金を掛けずにいい曲を作りたいと奮闘していました。

 

これからDTMを始めようと考えている方へ伝えたいのですが、

 

予算を低く設定して安く、と言うか無料で済ませようと考えている方はやめた方が良いです。

 

その理由を説明しますね。

 

 

時は金である。

 

まずDTMをする際に安く済ませようと考えている方は、

DTM おすすめ ソフト 安い」とかで検索していると思います。

 

そして恐ろしく安いDTMソフトを買ったとします。

 

例えばReaperなんか数ドルで買えます。

 

安く済んだと安心しているのもつかの間、

Reaperは海外のシェアソフトなのでまず情報が少ないんです。

 

だから使い方もよくわからない、先人達のハウツーがないから

真似事ができないのでまずはDTMの基本を調べていくことになります。

 

 

 

めちゃくちゃ時間が無駄だと思いませんか?

 

 

きっとDTMをやる方ってDTMソフトに詳しくなりたい訳じゃないと思うんです。

 

音楽を作ることが最終目標なわけです。

 

 

Reaperに詳しくなりたい訳ではないのにそれに時間を掛けるの

ものすごくもったいないですよね。

 

なら3万程度で済むCubaseを買った方が情報もたくさん転がってるので

よりはやく音楽制作に取り掛かれます。

 

それでも無料でやりたい方は一般的に情報の多いソフトを書く人よりも

音楽制作にたどり着くまでの時間が長くなると考えてください。

 

 

 

不安ならお試し版を使いましょう。

 

これ意外とやらない人が多いんじゃないかなって個人的に感じます。

 

何故か他人の評価とかプロの評価とかで買うのを決めるんですよね。

 

どっかのDTM経験者のレビュー記事とか本当に参考程度にした方が良いです。

 

どんなに使いやすいとか言われても、

いざ買ってみたらめちゃくちゃ使いづらいとかよくあります(私の場合は主にソフト音源)。

 

ほとんどの有料ソフトは1週間お試し版とかがあるので、

まずはそちらの方で実際の使用感を体験してみたらどうでしょうか。

 

他人の評価とかはほどほどにしましょうね。